<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
おひとり1カ月7作品まで

ご自身のアフィリエイトOKです

にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.07.04 Wednesday  | - | - | 

モノレールねこ(加納朋子)・・・ゆこりん


だらんとして、まるでスライムみたいなねこ。あまったお肉が塀の上で垂れ下がっているところは、モノレールそっくり!そんなモノレールねこの赤い首輪に手紙をはさみ、見知らぬ相手との文通が始まった。はたして結末は?表題作を含む8編を収録。

どの話も心温まるものだった。読後も余韻が残る。特に好きな作品は「モノレールねこ」「パズルの中の犬」「ポトスの樹」「バルタン最期の日」だった。「モノレールねこ」では、ねこを通して文通する二人の、その後の結末に思わずほほえんだ。「パズルの中の犬」では、人が心の中に抱え込んでいる思いに、ため息をついた。「ポトスの樹」では、家族の温かさを感じた。そして「バルタン最期の日」では、笑いの中にもちょっぴりの切なさを感じた。短編集だとどうしても好きな話とあまりそうではない話があるものなのだけれど、この作品の中の話はどれもほんわかしていて好きだった。8編に共通するのは家族への思い。作者はていねいにやさしく、いつくしみながら描いている。手元に置いて、何度でも読み返したい!・・・そんなステキな作品だった。
2007.01.23 Tuesday 18:07 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< 5000年前の男(コンラート・シュピンドラー)・・・ゆこりん | main | 『スコーレNo.4』 宮下 奈都 光文社 (chiekoa) >>

スポンサーサイト

[ - ]
2007.07.04 Wednesday 18:07 | - | - | 









-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/25 7:08 AM |
ゆいレール
ゆいレールは平成15年8月10日に開業し、「ゆい」は沖縄の方言である「ゆいまーる(助け合い)」の意味があります。那覇空港駅から首里駅まで走ります。約30分で走り車内では各駅ごとに沖縄の音楽が流れているのを聞くのも風情があります
| 沖縄観光データバンク | 2007/01/24 12:20 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/24 10:45 AM |