<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
おひとり1カ月7作品まで

ご自身のアフィリエイトOKです

にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.07.04 Wednesday  | - | - | 

銀の砂(柴田よしき) ・・・ゆこりん


娘妙子や珠美の恋人にまで手を出す藤子。一度は秘書をやめた珠美だったが、結局は離婚後に藤子と関わるようになってしまった。だが過去に恋人を藤子に奪われたという思いは強く残っていた。珠美の恋人はその後藤子とも別れ失踪する。失踪の背景には何が隠されているのだろうか・・・。

最初はどろどろとした人間関係の話かと思ったのだが、後半はミステリーに・・・。登場人物一人一人が個性的で、その心理描写は恐ろしいまでに詳細に描かれている。人の心の中にうごめく得体の知れないもの。それは嫉妬、ねたみ、恨みが凝縮されたものなのだろうか?読んでいてぞっとするほどだった。独立したそれぞれの章で藤子や珠美の過去や現在の様子が語られる。そしてそれはラストの章へと見事につながっていく。読み応え充分!読後も満足感が残る作品だった。
2006.11.18 Saturday 15:21 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< 銀の犬(光原百合) ・・・ゆこりん | main | 雨のち晴れ、ところにより虹(吉野万理子) ・・・ゆこりん >>

スポンサーサイト

[ - ]
2007.07.04 Wednesday 15:21 | - | - | 









【銀の砂】 柴田 よしき 著
女流作家の過去をさかのぼりながら、嫁と姑、そして夫婦関係の問題を織り込んで… あれっ、いつのまにサスペンス? 《売れない作家の佐古珠美はかつて、女流ベストセラー作家・豪徳寺ふじ子の秘書だった。珠美は恋人の俳優・芝崎夕貴斗をふじ子に奪われ、彼女のも
| じゅずじの旦那 | 2006/11/20 1:36 PM |
銀の砂
柴田よしき著。帯は「あたしたちは壊れている。過去がどこまで追いかけてくる。どこまでも、どこまでも。 懸命に生きようともがく女たちに起こった悲劇とは?スルリあふれる長編者サスペンス」とあったが、スリルはあまり無かった(最初から珠美さんが怪しい)しサスペ
| 50代オヤジの独言 | 2006/11/18 7:02 PM |
学校、職場で仲間に入れない、友達が居ない・・・
学校や職場で仲間に入れない、友達が出来ない、人間関係でトラブルを抱えていませんか?みんなから愛される人間関係改善方法
| 人間関係で悩んでいませんか? | 2006/11/18 5:46 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/18 3:39 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/18 3:33 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/18 3:30 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/18 3:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/18 3:23 PM |