<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
おひとり1カ月7作品まで

ご自身のアフィリエイトOKです

にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.07.04 Wednesday  | - | - | 

『暗黒館の殺人(上・下)』 綾辻行人 講談社ノベルズ (柊)

暗黒館の殺人 上(講談社ノベルス)
綾辻行人著出版社 講談社発売日 2004.09.09価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)ISBN  4061823884bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

暗黒館の殺人 下(講談社ノベルス)
綾辻行人著出版社 講談社発売日 2004.09.09価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)ISBN  4061823892bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


ああ、何て細微にわたって伏線が張り巡らされていることか…。
「暗黒館の殺人」堪能しました〜。大満足です。拍手

これから読まれるという方がいるならば…。

下巻中盤辺りからは決して、誰にも邪魔されぬ時間と
場所に篭もって、一気に読み上げることをお薦めします。


決して、決して柊のように途中で「晩御飯の支度をしなくちゃ…。」と
時間に急き立てられたり、子供たちの「おやつ〜」を要求する声や、
ビーズクッションの中身を床にばらまいてしまい、「助けてー」という
悲鳴に邪魔されて、読書が中断させられてしまうというような、そんな
勿体無い状態に陥ってはいけません…。汗

  緻密に張り巡らされた伏線の意味がわかったとき、
  事件の真犯人とその動機がわかったとき、
  「彼」の正体が明らかになったとき…。

「やられた〜」と思うよりもこう、顔が自然とにんまりしてしまう感じ??
「館」シリーズに出会えて、ここまで待ち続けて読んできた甲斐があったよ!と
踊り出したい気持ちです。

なんといっても推理小説。詳しい内容が書けないのが残念です…なんて
思いません。絶対。

この“にんまり”笑いには
「この真相は読んだ人にしかわからないのだよ〜ん」という
優越の笑みが含まれているからです。うくく。(←意地悪)

ああ、もう一回「十角館の殺人」から読み返したくなっちゃった〜。

…とはいえ長編だけあって、ちゃんとうまく飲み込めていない部分も
ありそう。
記憶鮮明なうちに、読了された方とネタばれ解禁で疑問点など
聞いてみたい…。

「長すぎる!」なんて批判も目にしましたが、めげずに
最後まで読み通しましょう!


2004.10.07 Thursday 10:38 | comments(5) | trackbacks(2) | 
<< 『主婦でスミマセン』青木るえか (ショート) | main | 9月投稿作品/作家名五十音順(うさぎ) >>

スポンサーサイト

[ - ]
2007.07.04 Wednesday 10:38 | - | - | 
アトマツ (2005/10/10 2:23 PM)
はじめまして。
TBさせていただきました。
賛否両論あるみたいですが、この無意味な長さにすべての意味が込められていたんだと思います。
ゆか (2004/10/08 7:41 PM)
>柊さん

こんにちは〜。
ご丁寧なレスありがとうございます♪
感謝!
しかし・・・ひょえ〜〜〜、そ、そんなに出てるの〜?!
十角館、とりあえず予約してみます(@図書館)
おもしろかったら他のも読んでみますね♪(え?絶対おもしろい?笑)
(2004/10/08 8:31 AM)
透衣音さんへ

 うんうん、館が呼んでますよー♪
 作家の名前で呼び合う大学生たち…柊も憧れました。
 柊だったら誰の名前がいいかな…?なんて考えたりして(笑)

ゆかさんへ

 綾辻さんの「館」シリーズは今のところ7作品出ています。
 「十角館の殺人」
 「水車館の殺人」
 「迷路館の殺人」
 「人形館の殺人」
 「時計館の殺人」
 「黒猫館の殺人」
 そして「暗黒館の殺人」です。
 「暗黒館…」を存分に楽しむためには「十角館…」「水車館…」
 「迷路館…」「時計館…」の四冊はしっかり読んでおくと
 一層楽しめることと思います。
 作品ごとに事件は独立していますが、やっぱり主人公に流れる
 時間が繋がっているので♪
 物語の基盤となる「十角館の殺人」から是非読んでみて下さい。
 これに嵌れたら…あとは「暗黒館…」まで一直線!です。
透衣音(といね) (2004/10/07 10:38 PM)
だんだん、
文庫じゃなくて良いかもvと思い始めました。
館が私を呼んでいるー。

その前に『十角館の殺人』から読むのも良いかもしれませんね。
ミステリにはまった作品で、
話が面白かったというのもあるんですが、
作家の名前で呼び合う大学生たちに憧れました♪
ゆか (2004/10/07 7:16 PM)
こんにちは。
レビューを読んで、この本おもしろそうで興味がわきました。^▽^
私、綾辻さんは一冊も読んだことがないのですが、「もう一度「十角館の殺人」から読み返したい」ということは、何作か前にあるのですか?
何をどの順番で読めばいいのでしょう???
教えてください〜♪^^









綾辻行人『 暗黒館の殺人 (上・下) 』
| アトノマツリ【after_you-festa】 〜アトマツ家のミステリな読書日記 | 2005/10/10 2:22 PM |
「暗黒館の殺人」綾辻行人
タイトル:暗黒館の殺人 著者  :綾辻行人 出版社 :講談社ノベルス 読書期間:2004/10/05 - 2004/10/16 お勧め度:★★ 上巻 → [ Amazon | bk1 ] 下巻 → [ Amazon | bk1 ] 「黒猫館の殺人」から12年、今年9月にようやく発刊された「館シリーズ」最新刊。
| AOCHAN-Blog | 2004/10/20 5:16 PM |